-

カードを使用していると通常は明細書が送付されてきます。これらの利用明細書にはどこの店で何時にクレジットカードでどれだけ使用したのかについての明細が見やすい表になっているため過去のそのクレカを利用した購入履歴を確認するにおいてたいへん簡単で便利です。これ一本で使うにはなかなか困難だろうと思いますが手軽なカード利用の成績表みたいなものに仕上げることも面白いし、貯金管理にも使えます。加えてこの明細書の通知があってから普通は2週間程度で請求額の支払いがなされます。なのでこれらのカード利用代金明細を見てみて疑わしいリスト、例をあげると使ったこともない項目がリストにあれば、クレジットカード会社に電話をして調べてもらえば良いだけなんです。それで盗用カードによる乱用のようなユーザー以外によるカード使用が見つかった際にもカード利用者にミスがない時には多くの事例ではクレジットカード会社がそれらの支払いを削除してくれます。最近ではこれらの明細書をホームページで確認できるクレジットカードがほとんどです。いつでもどんなサイトでどのようなサービスを利用したかモニタしておくといったことでカード犯罪を未然に防ぐのはもちろんのこと、おこづかい帳としても使えて貯金管理といったこともこれのみで可能です(パソコン画面でクレジットカードの履歴を閲覧可能な会社はさかのぼって利用額や決済可能残高等も確認できるようになっています)。クレジットカードは上記の点でも非常に力になる道具なのです。