-

クレジットカードを解約する際の申請手順については呆気にとられるほど簡単なものですが、契約失効するをする上で留意しておきたいポイントを認識してしまえば、カードの機能停止についても少しの手間で完了させることが確実になるでしょう。ポイントを列挙してしてみたため実際に解約申請をする際に参照してみてほしい。クレジットカード届け出の直後さしたる事情もなく急に使用取りやめしてしまうのはやってはいけない〉カード申請したそのあとただちに手に入れたカードを契約失効をしてしまうと、要注意人物などと信用情報取扱機関の内部で認識されるなどという事故が起こり得ます(例外的にしょっちゅう手続き⇒契約解除申請などという作業を繰り返したケース)。中でも入会特典のゲットが目的である契約の場合には、商品券あるいはポイントを始めとした契約時の優待権を残らず享受したから直ちに契約失効をしたくなる考えもわかるけれどもクレジット会社の論理において推察するとそういった人には絶対自分の会社の用意するクレカを自分勝手に使用されて迷惑をかけられたくないという具合に考えるとしても怒ることはできないでしょう。それゆえ、入会時のサービス・ポイントを狙ってカードなどを作ってみた場合でも、間髪入れず無効化しないで少なくとも180日、可能ならば登録後365日が経過するまではそのカードを契約を破棄せず契約解除の電話はその後で行うというような工夫を推薦致します。申請時のプレゼントということのみにとどまらず同様に申し込んでみたものの使いづらいから早く解約したいなどというケース、最低でも持ち始めてから半年経つ間はカードを有効な状態にし続けて頂きたいと思います。カードをもらうが何となく思っているよりもクレジットを事務作業等を含めて作る用の人件費や手間はかかってしまうものですからほんの気持ち程度の楽をさせてあげようという具合に思いやってもらえるならば良いでしょう