-

為替介入(外国為替平衡操作)という言葉をご存知ですか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌記事、テレビ番組、ヤフーの情報でご覧になったみなさんもいるでしょう。

為替介入というものは我が国においては、大臣(財務大臣)為替のレートの安定を実現できるように遂行する措置として使われています。

わかりやすく言うと、かなりの円高・円安になった時に財務大臣の指図をもとに中央銀行である日銀が円を売買することで相場を安定させるといったことです。

為替介入は方法があります。

1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で自らが市場に参入して外国為替平衡操作(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議のうえで、各々の銀行などが資産を使いみんなそろってあるいは時々為替介入(外国為替平衡操作)を行なっていく。

3.委託介入・・・外国の通貨当局への為替介入(外国為替市場介入)をお願いする。

4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の銀行などに成り代わり外国為替市場介入(為替介入)を実施する。

この通り方法です。

どの方法の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、連続して為替にとても効果を与えるはずです。

介入の資金は国家のプライドをかけているのですからスケールが違うのです。

円を元にして説明すると、いつもは数銭ごとに変化している為替レートがいきなり大きく動きをします。

投資家の人であれば一回は経験したことがあると思いますがそこまではうまく含み益(あるいは損失)が増加していたポジションを持ち続けていたのだが、保持している持ち高が決済したといった情報が業者からEメールが。

得になったのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済されたデータを見ると、自分の中で思っていた内容とは反対の結果にびっくりしたという話がよくあります。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された際に多く聞いた話です。

外国為替平衡操作(為替介入)を行うと為替の市場の動きと真逆の変化をするのです。

動く金額の幅は非常にでかく動くので注意しましょう。

Category

リンク