-

商店でみなのカードが使えるのではありません。あなたの借金の整理の仕方

▽クレジットカード会社の加盟店舗は一般的に、二、三以上のクレカとライセンスを結んでいるんですが、どれものショップで全てのブランドの所有クレジットカードが決済できるわけでもありません。ロスミンローヤル 効果 なし

一例をあげると旧態然としたお店の場合だとJCBのマークの入ったクレジットカードしか切れない場面もあるしこの頃のお店ならばVISAとかマスター印の書いてあるものしか使用できない場面もあるでしょう。

ダイナースクラブカードみたいなクレカならばよけいに使用できない状況が多いでしょう。

どのようなクレジットカードが決済できるかをどのように判断したらいいものか?「それならどのような方法でどのブランドの所有クレカが決済できるかを見分けるといいの?」という質問ですが本当のところを見るんだとすると該当店舗の担当者にお見せしてみるしかないというのが残念だけどその答えです。

とはいえども大多数の売り場やショッピングセンターにはお店の分かりやすいところとかに切れるクレカのブランドが書かれた加盟ステッカーが掲載されているため「そうなんだ、あそこのお店ではライフカードが決済できるのか」という感じで迷わないようになっているため安心していただけると思います。

しかしながら、正しく案内が出来ていない加盟店舗で用いる際にはロゴが掲げられているショップでも「当店舗ではそのクレジットカードは決済いただけません」などという返答をもらうなんてこともないわけでもなくとまどってしまうこともなくもないです。

やはりできる限り全ての店舗でクレジットカードが決済できるようにする目的を考えるともう一つの印(海外ブランド)がプリントされている一般的なVASA、マスターカードダイナーズライフカード、等のクレジットカードを複数契約するようにお勧めします(例として:ライフカードを使っているなら二枚目は銀聯カード契約のカードを財布に入れておく等)。

もっぱら日本においてはVISAカード、MasterCard、JCBの3つのカード会社が入っているクレカを日ごろから持っておけば返済状況に問題がない限り日本各地の加入店でどれかしらのカードを使用するよう準備できていることになります。

カードを使いこなして有効にキャッシュレス生活を目標とするのであればきっちりと少なくともこの3枚のクレカを申し込んでおいて損はないと思います。

Category

リンク