-

クルマに乗っている方ならば承知していると思いますが自動車税なるものが徴収されます。

それでこれは、自動車の売却時に戻ってくるお金なのです。

これについては少しやってみると直ぐに分かりますがでははじめから順番に分かりやすく説明したいと思いますちなみに補足するならば国内販売されている車だけに限らず外車でも税が還ってくることになっています。

当然クルマもそうですね。

車を持つ人が支払う税で、これは自動車の排気量の大小で規定されています。

1リッターより低いならば29500円で1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円になります。

これからは500ccごとに5000円ずつ増加します。

またこの金額は4月1日の時点で車を所有している人が、今年度の税金を支払う事になっています。

つまり事前納付ということですから当然ですがクルマを買取してもらって所有権がなくなった時では前払いした分の金額は還付されるということです。

この税は事前納付で今年度のお金を支払いますから、その年度内に自動車を売ったときは、新たな保有者がお金を納めなければいけないのです。

売却先が買取専門業者であれば、売却時に所有者が支払いすぎた税額を返還してくれます。

所有権が移転された日からの自動車税は、新たな所有権を持った人が支払わなければならないのです。

もしも自分が10月のうちに車を売った時は11月以降来年3月までの自動車税は戻ってくるのです。

というのは、繰り返しになりますが自動車税は前払いであるということから来ています。

まとめると、前所有者は買取先に税金を返還してもらうということなのです。

個人間で車を引き取ってもらう場合意外にこの知識に気付かない方が多くいるので、きっちり確認をとるようにすることです。

自動車税という税金はクルマを手放すと返金されるということを意外に知られていない事を利用して、そのことを悪用する業者もあるのです。

こちらから税金に関して言わなければ、一切そのことに関して言わないというケースも結構聞かれます。

そのためクルマの買い取りを頼む場合は税金が返金されるのかどうかの確認を怠らないようにしましょう。

Category

リンク